働く人の心構え!本当に役に立つ!社員研修について

社員研修について

社員研修を行うにあたって、企業は様々な悩みを持っているようです。きちんとした研修を受けさせたいが、どのような内容にしていいのか分からない、社員それぞれに合った研修を受けてほしいが、対象者が多いので何をどのように手をつけていいのかわからないなど、たくさんの悩みがあります。社内で教育担当の方がいない場合は、外部講師を呼び研修を行うことをおすすめします。

社員研修の人気コースランキング

no.1

ロジカルシンキング

ロジカルとは、わかりやすさのことです。日常の仕事で相手にわかりやすく、上手く伝えるための基礎を実践的に学びます。メールや文書作成、社内のプレゼンテーション、交渉の場で誰からもわかりやすいと言われるような方法を身につけたい、と一番人気があるコースです。

no.2

コーチングやコミュニケーション

部下や後輩に、アドバイスをするのに思うように動いてくれない方ややる気を上げたいと思っている方など、中間管理職の方に人気があるコースです。経験豊富な実体験を持つ講師からロールプレイを何度も繰り返し行うので、すぐに実践ができます。

no.3

経営マネジメント

管理職になった人が、会社のマネジメントの基礎を学ぶコースです。また、経験がある人でも自分のマネジメントを点検したい人や今から管理職を目指す人にもおすすめします。社外の様々な立場の方とディスカッションにができるので、自分を振り返ることができると人気があります。

no.4

タイムマネジメント

毎日仕事に追われて、効率的に時間を使うことができないと感じていたり、ワークバランスがなかなかとることができていないと感じる人など、効率よく時間を管理する能力について学びます。

no.5

ライティング研修

わかりやすい文書や資料を書けるようになりない人向けのライティング研修です。この研修で学んだことをもとに、資料作成時に文書校正を自分で見直すことまでできると人気があります。

働く人の心構え!本当に役に立つ!社員研修について

男女

メモを取ってもらいましょう

新しい仕事をする人には、業務内容を覚えてもらうためにメモを優先して取ってもらいましょう。メモと取らずに仕事を覚えられる人は良いですが、メモと取らない人はいい加減な人多いです。仕事覚えがよくない人に多いのは、内容を整理して書くことがわからず、話したことを全部記録することがあります。教える時は、ポイントだけ押さえるようにしてメモしてもらいましょう。

手順を教えましょう

ます初めに、メモをとってもらいながら仕事の手順を教えましょう。仕事の効率を優先するために、なぜこのようなことをするか、という意味は混乱するため、まだ教えなくてよいです。何度か一緒に手本を見せながら、自分でやってもらいます。ミスがなくなったら、一人で作業をしてもらい自信を付けさせましょう。

聞きやすいルールを作りましょう

メモと作業に慣れてきても、新しい業務ではわからないことも多くあるはずです。最初は、「わからないことがあれば聞いてください」とアドバイスをしましょう。人と話す人が苦手な人は、一人で悩む人多いはずです。聞きやすい雰囲気を作っておきましょう。

褒めて励まして次のステップへ

一人で作業ができるようになれば、作業の意味を教えましょう。意味を教えれば、やらされている感じがなくなります。作業が仕事に変わり、当事者にやる気が芽生えてきます。ポイントは、作業ができていることを上手く褒めます。客観的に具体的に褒めると自信が付きます。

広告募集中