ひとりひとりのレベルアップを目指す!新入社員研修

オフィス

新入社員研修の目的とは

新入社員研修とは、4月入社前後に行われます。近年は、ビジネス環境の変化が激しいので、新入社員の早期即戦力化は、企業側も重要な課題となっています。そのために、新入社員研修は、教育期間を長く設定し、教育を行う場合もあります。長期の研修を行うことで、確かな技術や知識を身に付けてもらうことができ、個人の適性やレベルが明確になります。最近は、ゆとり世代と言われている新入社員への対応に、苦悩している企業も多いようです。

集合研修とOJT

新入社員の早期即戦力の人材を育てるためには、集合研修とOJTをバランスよく組み合わせると効果があります。新入社員研修の最初の一週間は、集合研修を行いましょう。基礎知識や社員の心得を教えます。その後は、配属される部署で、先輩社員と一緒に仕事を教えましょう。先輩社員や上司からは、スキル、実務を習得します。指導を受けることで、新入社員の効果は効果は大きいです。講師からの一方的な集合研修は、実践がなく知識だけが先行してしまい、人によって研修に対する集中度が変わり理解のバラつきが生じます。その為にも、集合研修とOJTをバランスよく組み合わせましょう。

新入社員研修でふさわしい人材へ育成

近年は、ゆとり教育の中で育った新入社員の気質の問題があります。原因は、学校での社会教育の欠如と言われています。新入社員に接すると先輩たちは、歯がゆさを感じる人が少なくないかもしれません。では、どう対応したらよいのかを現場の上司や人事が考える必要があります。まず、採用段階の時に人材を見極めることが大切です。また、企業側で自社にとって、ふさわしい人材へと育てる仕組みを作ることです。

社員旅行の人気行先ランキング

no.1

沖縄県

一年中、温暖な気候で、過ごしやすい季節のため老若男女問わず人気の場所です。アルコール度の高い泡盛もあるので、沖縄独特の郷土料理を食べながら社員旅行の宴会にもおすすめです。

no.2

北海道

夏の社員旅行に人気がある場所は、北海道です。年配の多い企業に人気となっています。敷地面積が広いので、貸切バスを利用するとスムーズに観光地をまわれます。

no.3

東京

日本の首都である東京も社員旅行の行先として、人気があります。東京でしか味わえない観光名所がいくつもあるので、貸切バスを借りて人気の観光地を巡りましょう。

社員旅行を行う目的

企業には、社内活動の一部としてレクレーションや忘年会、新年会があります。その中でも、経費が多く変わるイベントは社員旅行や研修です。企業が社員旅行や研修を行う目的は、いくつかあります。その中には、新入社員や社員のモチベーションアップです。日頃の疲れをリフレッシュしてもらったり、仕事の効率化を図る目的としています。また、社内のコミュニケーションの交流場を設けることです。社員の年齢層が広い職場で従業員意識調査を行うと、どのようにコミュニケーションをとればいいかのか分からない方が多いです。

優秀な人材を育てるために

ゆとり世代と言われる新入社員は、仲間や周りに対する反応が薄いと言われています。ある企業では、新入社員研修の育成の一環で、体験型人材プログラムといった自衛隊方式の厳しい訓練を取り入れ、社会人としての心得や仲間意識を学ぶ研修があります。社員全員で貸切バスに乗って目的地まで行くので、チームワークや絆が生まれます。このような新入社員研修を取り入れ、社員のモチベーション向上を図っている企業も多いようです。

広告募集中